一家存亡の危機

  • 2017.12.22 Friday
  • 21:14


現職に就いて丸5年を迎えた今週、同日入社の同期氏と恒例周年祝賀会のゴージャス版を催したり、クリスマスプレゼントなどウキウキ物色したり、年越しに向けてネイルに行ったりする予定が、日曜夜から胃腸炎を発症して月曜まるっと寝込み、そこにグラデーション的に息子も胃腸炎を発症。結局土日と合わせて5日休んで昨日やっと出勤するという思い出を作った。今まさしく娑婆に出たような気分だ。冷たい師走の空気がうまい。


ものすごく当たり前のことだが、夫婦でギリギリ回している家庭で妻子が倒れたときの緊迫感といったらない。残り1人つまり夫は絶対に倒れられないし、倒れている私も倒れっぱなしではいられない。一家滅亡とはこうして起こるのだなぁと若干他人事のように考えながら、なんとか体を起こして離乳食の支度をしたり、騒ぐ子どもを気合いで抱きあげて寝かしつけたり。こんな中で仕事のやり取りをしたとてロクなことになるはずもなく、火曜の時点で業務をするのは諦めた。

これで全員倒れたら子供はどうなるんだろう。倒れたのが子供だけだとしても、夫婦2人とも絶対に外せない仕事が入っていて、病児保育先も、病児保育のシッターさんもみつからなかったらどうなっちゃうんだろう。今はまだ頭が回らないが何か対策はあるはずで、それを平時からぬかりなく準備しておかなければ。と心のメモに深く刻んだところである。


地方出身者同士の夫婦共働き子育ては綱渡りという言葉が本当にぴったりだ。我が家は実家が遠くて親には頼れないが、そのぶん勤務先は近く且つ上司、同僚の理解があり、特に私はだいぶ子育てしやすい状況で働くことができている。それでもこんなに危険と背中合わせなのだから、世の中のもっと過酷な条件で子育てをしている家庭を思うと空恐ろしい。一方、分かってて産んでるんだからなんとかしろという意見もきっとあるんだろうなぁ。働きたい人も子育てしたい人も決して減ってはいないだろうに、環境はいつまで経っても優しいものではないようだ。

いったいどうやったら仕事と子育て両方で、自分が納得のいくレベルの力を発揮できるのか。その方法を模索しているうちに気付けば子どもは手を離れてしまうのだろう。いや私の場合は私が現役を退く方が早いのかもしれない。その頃いったいどんな働き方をしてるのか定かではないけれど。


まずもって6年目もお仕事は頑張ります。できれば全力を出し切りたいものだが、果たしてどこまでやれるであろうか。年内華麗に始末をつけて良い新年を迎えたいな。懸案事項は年末年始、餅を片手に家族会議するとしよう。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM