私は料理好きになりたい

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 00:25


このところ週末になると、構想と買い出しを含め3〜4時間ほどかけて離乳食のもとを仕込む。

六分がゆを炊いて、にんじん、トマト、じゃがいも、ほうれん草か小松菜、鮭、ツナ、ささみ、リンゴあたりを茹でて小さな賽の目に切ったり、それっぽい野菜数種と果物をフードプロセッサーでスムージーにしたりして、製氷皿に小分けにして冷凍。毎朝これらと卵、豆腐、納豆、ヨーグルトの中から何種類かを選んで混ぜたり載せたりつぶしたりで、息子のごはんを作る。

来月から離乳食後期に移行するにあたり、保育園で食べる前に家で試すべき食材も山とある。それらを一日にひとつ組み込みつつ、栄養バランス、というより色合いを多少は考慮し、量もそこそこ作るとなると、料理好きでもなんでもない私にとっては、なかなかどうしての苦行だ。

当初は、一生続く話でもなしベビーフードでいいじゃんと思っていたのだが、試しに買ってみたらどうしてもあの匂いが好きになれず、急場しのぎでスタートしたこのスタイルがそのまま定着した。同じように働く母たちに聞くと、だいたい似たり寄ったりのやり方である模様。友人の赤ちゃんをたまにみてのん気に「大きくなったねぇ」などと述べていた頃が懐かしい。陰では皆、こんなにも苦労していたのだ。すごい。すごいよみんな。

時折、朝起きたら突然大人と同じものが食べられるようになっててくれないかな、と不毛な夢を見たりする。しかし実際そうなったら朝はともかく夜までマトモな大人の食事を用意しなければならないわけで、むしろ辛さはいや増しだ。相当辛い。断然、今のままでいい。

とはいうものの、当前、今のままというわけにはいかない。遅かれ早かれ息子は大人と同じご飯を食べるようになる。いくらなんでも赤ん坊に毛が生えたような子に、コンビニ飯を食べさせるわけにはいかない。結果、我々の晩ご飯までちゃんとつくる毎日がやってくるのだ。どこにそんな時間と気力があるのかわからないが、その事実だけは確定している。そして着々と迫ってきている。

思えば産休中が人生で一番まともに料理をしていた気がする。朝昼晩にお弁当まで作っていたのだから、よっぽど暇だったのだろう。そもそも家で作った方が体にもいいし、美味しいんだし、節約にもなるし、時間と気力が割かれる以外はいいことしかないはずだ。分かっている。頭ではわかっているぞ。

まぁ辛いなりにも、息子がご飯を食べてうっすら美味しそうな顔をすればうれしいし、いろんな種類の野菜を切り刻んだのが製氷皿にずらりと並んでいると達成感もある。そんな少しの喜びで、果たしてどこまで走り続けられるだろうか。先は長い。

ああ、料理好きな人はいいな。朝起きたらちょう料理好きに生まれ変わってないかな。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM