門出の春

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 11:40


ここ数日、息子が大騒ぎだ。何をやっても謎のぐずりがおさまらない。普段はぐずっても空腹か眠いかの至極わかりやすい息子につき、母はややげっそり。泣くからには原因があるのだろう。


4月から息子は保育園、私は育休明けで復職する。正直、可愛いかどうかとは別問題で、24時間来る日も来る日も赤子と一緒にいるのはつらい。だから週5日物理的に離れることが楽しみでないといえば嘘になる。

しかし、半年のブランクで自分の能力が落ちていないか、仕事と子育てを両立するのにどれほどの気力体力が必要か、などなど不安も尽きない。加えて入園準備や復職前に済ませておきたいあれこれもあり、私の頭の中は良くも悪くも仕事モードになっていた。


母の気持ちが自分に向いていないことを、息子は感づいているのではないか。もしかしたら、離れて過ごす時間が増えようとしていることも。

彼にとって、保育園は人生の新たなステージある。相当大きな変化の渦に、ひとの都合で早々に、突然に、巻き込まれることになる。にもかかわらずその原因を作っている私の方には、離れて寂しい思いをさせるかもとか、あの場所でこの子が日々穏やかに過ごせるだろうかとかいう心配をしてあげる余裕すらなかった。

小さくたって人間だ。未熟ながら感情もあるだろうし、本能で感じる不安もあるに違いない。思い至って非常に申し訳なくなった。すまぬ、せがれよ。母が悪かった。


心を入れ替えて接し始めたら、息子のご機嫌がなんとなくなおった。やっぱりか、と思うと同時に、残り10日は、真正面から向き合って付き合うことに決めた。楽な方に逃げず、できるだけ抱っこもしてあげよう。種々のやるべきことは、子供が寝ている間にやればよい。短時間で効率よく。そうだそうだ、それが私の売りだった。

このべったりで過ごせる時期に力一杯べったりしなかったことを、のちのち悔やむような気がしている。だから今できることぐらいはやっておこうと思う。ちっとも得意ジャンルではないが、幸い相手が満足しているようだからよしとする。完璧でなくても成り立つことが、世の中には結構あるもんだ。いろいろと学びの多い春である。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM