雑草をみて故郷を想う

  • 2014.05.12 Monday
  • 20:14


うちのオフィスがある乃木坂あたりは一本裏に入ると雑草が生い茂っており、とても都心とは思えない雰囲気だ。毎日乃木坂駅からオフィスまで小道を歩くのだが、もううっかりすると実家の近所かと思うほどの田舎感がある。

新緑の季節になって雑草もいきおい威力を増しており、日々成長が見えるほど伸び放題に伸びている。そして野に咲くいろんな花たちがそこに彩りを添えている。

小学校の低学年くらいまで文字どおり野山を駆け巡って育ったわたしだが、高学年頃になるとそんなこともなくなり早幾年月。主に都会に暮らしていると、雑草なんて目に入る機会もどんどん減っていった。

今朝はあまりにも穏やかで気持ちいいお天気だったので、少し足を止めて色んな草花を眺めてみた。ボロボロの植物図鑑で名前を覚えたハルジオン、ペンペン草に似てるやつ、名前は忘れちゃったけど蜜を吸ったら甘かった気のする薄紫の花。あれもこれも、みているとどんどん記憶が甦ってなんともやさしい気持ちになった。

都会にあこがれて田舎を逃げ出したわけでもないし、大自然をこよなく愛しているというわけでもない。ただ根本的に人間というのは緑をみるとホッとするようにできているんだろうと思う。植物の力あなどるべからず。

なんでもすぐ枯らすことで有名なわたしだが、部屋にちょっとした鉢植えかなんか置いてみようかしらという気になった。手ごろな子を探してぶらぶらしてみるとしよう。そして、そろそろ帰省の計画もたてるとしよう。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM