物思う生ぬるい春の夜

  • 2014.03.28 Friday
  • 21:11


桜は咲き始めると本当にあっという間に満開になって、すぐ散ってしまう。今週の初めに開花宣言を聞いたばかりだというのに、あちこちでもう花は満開。今週末を逃したら、もうお花見らしいお花見もできないままに終わってしまいそうな勢いだ。


ちょうど一年前の今頃はオフィスの引っ越しで、毎日麻布十番と六本木を行ったり来たりしていた。去年は寒い春で桜はまだ咲いていなかったが、代わりに道端の木の葉っぱがお花みたいに鮮やかな黄色で、なんだか幸先いいなぁなんて思ったものだ。

早いものでもう一年。お昼を買いに外に出たらちょうど同じ風景をみて思い出した。時間のはやさに、ちょっとしみじみ。


春は変化を感じやすい。今年新卒で社会人になるお友だちも何人かいるし、転職で新たな道に踏み出した人もいる。大役を無事に勤めあげた人、配属が変わっててんやわんやの人、結婚が決まった人、子供が生まれる人。私は私でまた職分が変わるのでドキドキしているところ。

過去の経験上こういうときは時間と気持ちに余裕がなくなってくるものだが、気持ちに関しては今回は平気そう。瞑想の効果が出ているのかしら。ただ時間に関してはどうしようもない。割かれるものは割かれる。1日は24時間だから。

先日読んだブログに「Don’t Spend Time with People Who Don’t Treat You Well」という一文があり、妙に納得してしまった。時間を効率よく使っていくことは大切だ。そのために不要なものは排除していく必要がある。なんでも手放すのは怖いものだが、人間関係は特にそれが顕著。でも、やっていくべきなんだろうなと思う。


春は出会いと別れの季節。実際に人の動きは出る時期だけど、それ以上に、寒い冬が明けるタイミングで皆いろいろ考えるのかもしれないな。ぽかんと口を開けて桜を見ているうちに4月になってました、なんてことにならないよう、久々に無い頭をうんうんひねって世渡りについて考えてみようかと思う春の夜である。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM