秋と冬の間

  • 2007.10.21 Sunday
  • 22:37
何週か越しの念願かなって山の温泉へ出かけた。

元気があったのでハンドルを握り、ちちを隣り、じょんちゃんを後ろに乗せて向かった先は十勝岳温泉凌雲閣。道々の紅葉がちょうどよい加減できれいだが余所見のできる状況でもなく、流れ去る景色をどんどん流れるままに流すだけ。でも山に分け入っていくと段々と、顔を正面に向けていても一面紅葉がみえてきた。今年の紅葉狩りはこれにて終了。

ぐんぐん山道を登っていくと、あるところから途端に道がべちゃ雪になった。初めての遠出でいきなり雪道とは、すばらしいステージを用意してくれるではないの。登るにつれて徐々に雪景色に変わっていくため思いのほか恐怖心はなく、むしろ突然やってきた冬に車内は興奮気味のまま、無事に温泉に到着した。駐車場もすっかり雪景色である。

十勝岳雪景色

温泉は赤みがかった黄土色のにごり湯で、じょんちゃん曰く鉄くさかった。しかし泉質より何よりすごかったのは露天からの景色だ。

十勝岳連邦に向かって放り出されたような感覚におちいる。覗き込めば谷間を見下ろせる高い場所。名前もしらないたくさんの山が折り重なって、奥に行くほど山肌が雪で見えなくなっていく感じなど、たまらない。途中から風が強くなって、小さいあられのような雪が叩きつけてきて痛かった。でも首から下は暖かくて、目の前はパノラマ。なんだこれは。

景色があまりにもすばらしくて、1時間近くずっとその場から動けなかった。とても贅沢な冬山疑似体験であった。

帰りはさすがに運転手交代。上富良野で晩御飯の材料を調達して帰宅した。出来心で鯛焼きも食べてしまった。ミックス鯛焼きという言葉が上手いよな。買っちゃうよそんなこと言われたら。カスタードとあんこ。美味しくいただきました。

鯛焼き越しの空

車で遊びに行くと、行きはいいけど、遊びつかれた帰りの運転が大変だなと改めて思った次第。車を運転してお出かけできるようになるには、まだまだ時間がかかりそうである。

脱々・ペーパードライバーの巻

  • 2007.08.20 Monday
  • 15:11
考えれば考えるほど、車を運転できた方がよい。

あっという間に夏が去り、秋が来て冬になれば当たり前のように自転車は使えなくなって、私の行動範囲は大幅に縮小される。誰かと遊ぶにしたって、お互いバスではイオンか街しか選択肢がない。運転免許を持っているのに運転できない私に対して、じょんちゃんは義務を果たさない落伍者を見るような目を向けるし、もうやるしかない。

というわけで、2年ぶりに練習再開です。

運転免許試験場の向こうの袋小路で何度も行ったりきたり、とまったり走ったり、バックしたりを繰り返し、おもむろにウェスタンへ。一呼吸おいてから帰宅。さすがに2年前にやり直したときとは違い、勘の戻りも早い。初日にして堂々と公道を運転して家に戻った。エンストは行ったりきたり中の一回のみ。わりと好調。

もちろん走っている間ずっと、「うわーだめだー!」「なんだよなんだよ」「トップ?トップ?」「よし来ない!チャンス!」「トラックダメだよ〜」等々、叫び続けていたことは言うまでもない。叫んで確認して安心するんだから、そのくらいは同乗者にも我慢してもらわねば。

できることなら誰の手も煩わせずに映画を見に行ったり、岩盤浴に行ったりしたい。今度こそ、雪が降ってもめげないぜ。

黄金色のカードの巻

  • 2005.09.05 Monday
  • 20:26
先日友達が自慢気に免許証の写真を見せてくれたのだが、これが同じ人間とは思われないほど可愛いかった。本人も可愛いんだけど、それとはまた種類の違う可愛さ。写りの良い免許写真なんて、初めてみた。

彼女曰く、椅子にはとにかく深く腰掛け、顎をひく。それだけで顔がだいぶ小さく写るらしい。あとは怒られる限界まで微笑む。やったことないんだけど、あの写真を撮るとき笑うと怒られるらしい。

この5年というもの、自分で見るのも悲しくなるような免許証を身分証明として暮らしてきた私にとっては、大変貴重なアドバイス。本日早速お教えに従い免許の写真を撮影しましたとも。顔写りの良い服だって選びましたとも。間違いないはず。

さて優良者講習後。ドキドキしながら受け取った新しい免許証は、まぁ人に見せるのは恥ずかしくないものの、驚くほど無表情でだいぶがっかり。結構笑っているつもりでも、全然口元が動いてないんだなぁ。怖いわ。能面だわ。

次の機会は大事無く行けばまた5年後。今度こそ上手くやりたいところ。

ところで最近めっきり運転の機会が減ったので、毎回の緊張度が一段とアップしている。段々疎遠になって冬になって雪が降ってダメになるというコースは避けたい。絶対に避けたいぞ。

あなたひとすじの巻

  • 2005.07.28 Thursday
  • 22:28
初めて他の車を運転した。マニュアルの軽。惨敗。

ハンドルが軽い。アクセルが軽い。加速が遅い。ギアがふらふらする。ブレーキがききすぎる。エンジンが静かすぎる。

極度の緊張で色んな不安が頭をよぎっては消える。当初の予定の半分を消化した段階で限界を感じ、早々に切り上げることにした。あのまま乗っていたら本当にただでは済まなかった予感。思い出しただけで息苦しい。

旅先でレンタカーなど、夢のまた夢とみた。オートマならオートマで、きっと大混乱するに違いない。カーナビなんて目にも耳にも入らないに違いない。

<今日の教訓>
・知らない車に乗ってはいけません。
・浮気はやめましょう。
・慌てるな。

ぐるぐるの巻

  • 2005.07.24 Sunday
  • 21:06
先日じょんちゃんの生誕祭の宴が催されました。誕生日と言えば当然バースデーケーキ。今回はロテル・ド・北倶楽部に決定。

12号線沿いのサロン・ド・北倶楽部で用が足りるかと思ったら、丸いケーキが売ってない。誕生日にカットケーキじゃ格好つかないので、意を決し一路本店へ。ロテ北本店と言えばあれですよ、ロータリー直近ですよ。こうして否応なくロータリーの洗礼を受ける羽目に。

旭橋が近づいた辺りからもう一人でわーきゃーわめいて助手席の主賓に嫌がられていたが、旭橋でまず恐怖は頂点に。なにあれ。一車線なの。でも車が微妙に二台並んで走ってるよ。なにこれなにこれ。

更にわーきゃーわめいているうちに車はロータリーへ。流れに乗ればいいのだ。乗ってすぐ左に折れればいいのだ。なに、止まらないで曲がっていいの。信号は、信号はないの。いいやもういいやもう。

騒いでいるうちに車は無事ロテ北本店へ。素敵なチョコレートのデコレーションケーキを購入できましたとさ。あまりに一瞬で終わってしまったけど、ロータリーが確実に寿命を縮めるものであることはよく分かった。もう二度と行かないくらいの心意気で。

忘れてたけどあの店ってお茶が出てくるんでしたよ。試食もし放題でしたよ。マロングラッセしか記憶になかったけど、他にも美味しいのがいっぱいあったんだなぁ。ええもちろん、だいぶたくさん試食してきたんですよ。

<今後の課題>
・ドライブができるようになる。
・いい加減一発で駐車…。

ピーポーの巻

  • 2005.07.12 Tuesday
  • 22:31
母校に寄っての帰り道、交差点に出てさあ右折だと思った瞬間、左方向からけたたましいサイレンの音が。救急車。救急車ですよ奥さん。

おとなしく止まって待っていると、ややあって悠然と救急車が目の前を通過。運転しているひとが、こちらへ向かって黙礼をしてくれた。随分丁寧なひともあるものだ。そんなそんないいんですよ、ささ一刻も早く病院へ。

救急車が駆け抜ける間に信号は変わり、私は歩道をまたぐように取り残されてしまった。しばらく後に後ろについた車の人に、「違うんです。さっき救急車が来たんです。決して信号読み損ねて急ブレーキとか、トロくて右折し損ねたとかそんなんじゃ。」と大きく主張したい気分であった。

未経験ゾーンがあまた残されている限り、自動車運転の道は続く。

<今後の頑張りたいこと>
・乗客に気付かれないギアチェンジ
・ロータリー
・すっかり下手になった坂道発進

服と靴とブルジョワの巻

  • 2005.07.08 Friday
  • 11:00
車で移動するようになってはや1月半。どんどん着るものが変わってきた。

外気に殆ど触れないから、大した羽織物が必要でない。しかし日に焼けたくはないので袖のないものはあまり着ない。あとは自転車に乗れないような綺麗な格好をしていても簡単に遠くへ出かけられる。これは素晴らしい。これからのシーズンはワンピースもいいなぁ。素晴らしい。

昔から車を降りるときに靴を履き替えているひとを見ては、「あらいやだわブルジョワは、車の中を汚したくないなんて。さぞお高いお車なんざましょねぇ。結構ですわねぇ。」と無駄な陰口を叩いたものだが、いざ運転する側になってみればなんのことはない、ヒールのある靴では危なっかしくて車なんか運転できたもんではないのだった。今はでは私も履き替え派。ごめんなさい。

運転用に買った平たい靴は、安物だっただけあって早速くたびれてきた。靴が変わったら変わったでまた激しく動揺しそうなので、なるべく大事に履いて長持ちさせたいところである。

<最近の寿命短縮>
・屋内駐車場へ続く坂道で恐怖の坂道発進。
・平らだと思ったのに、停車したら後ろに下がりだした。
・同じ交差点で2回もすれすれで横入りされた。

副作用の巻

  • 2005.06.28 Tuesday
  • 10:44
その後も一日一運転の方向で努力を続けている。というより、出かけるというと車ばかり乗ってしまって運動不足が加速する一方だ。これはこれで問題だ。

段々暑くなってきて、毎日毎日天気もいいし、自転車で出かけたら日に焼けるんだよなぁ。日傘さして歩いて出かけるにしても、買い物して荷物が増えたら大変だし。などなど言い訳をしながら、選ぶのはいつもお車。車に乗ってたって、気をつけないと手が焼けるんだけど。

駐車場は、相変わらず車体がまっすぐにならなかったり線を踏んだりして、どうにも一発できれいに入らない。ひたすら回数をこなすしかありません。

<最近車で行ったところ>
・常盤公園の美術館
・東高
・雨降る夜のシネプレックス
・高砂台の裏のソフトクリーム屋。超美味。

第二初心者の巻

  • 2005.06.10 Friday
  • 13:24
今やハローワークに出かけるときも車。お買い物も車。水曜日のレディースデーには永山まで映画を観に行ってしまった。毎日一度は運転するようにしていれば、そのうちこの若干の恐怖感や尻込みも消えていくのであろう。しかし緊張感は忘れないようにせねば。

たまに慌ててものすごいふかして自分で驚いたり、左折でえらい大回りしちゃったりもするが、トータルでは危ない目に遭うこともなく無事に過ぎている。ええかっこしいの私としては、つい乗っている人の乗り心地だとか、周りのドライバーの迷惑にならないようにだとか、もっと立派になってから考えればいいようなことに気を使いそうになるが、ほんと、そんなことより安全第一。

初心者マークがほしいと言ったら、初心者じゃないのに初心者マークをつけるのはまずいのではないのかという指摘が。第二新卒みたいに、第二初心者が絶対いるはずなのに、専用のマークは無い。マークなんか無くても見りゃ分かるって言うけれども、こっちは華々しく主張しながら走りたいんですよ。そしてなるべく近寄らないでほしいわけですよ。

<最近やってること>
・一日一運転。
・駐車場の混んでいる付近へじわじわ接近中。

一人でできるもんの巻

  • 2005.06.04 Saturday
  • 18:11
ついにこの瞬間がやってまいりました。

最後に運転して既に4日。ここらで一度乗っておかないと忘れる一方。でもそろそろ教官も付き合ってくれないかもだし、いい加減一人で乗るべきかしらどうかしら。等々、思い切りが付かなくてうだうだしているところにじょんちゃんの一押しもあり、本日めでたく独り立ち致し候。

じょんちゃんを迎えに行って、カラオケ行って、ユニクロへ連れて行くのコース。電話を待っている間、もうびくびくのどきどきで座ってられないような心境だったけど、いざ出発してみれば距離は大したことないし、隣に人を乗せていたお陰か落ち着きも取り戻し、どうにか無事終了。

エンストもせず、坂道発進も乗り切り、駐車場はまぁだいぶ楽させてもらったにしても、上々の滑り出しではなかろうか。今後もじわじわ慣らしていきましょう。

ところで坂の下のカラオケに行ったんだけど、初めて聞くUGAという機種があった。音はともかく曲数はかなりある。パセラの無い旭川で生きていけるのか心配だったが、なんとかなりそう。

<今日やったこと>
・一人でできたもん。ブラボー。
・魔の交差点クリア。
・じょんちゃんを隣に乗っけて運転している自分が不思議。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM